患者の皆様へ - 料金について

全てのがん生殖医療に係る診療(カウンセリングおよび生殖機能温存治療)は、
健康保険の対象外となります。

≪がん生殖カウンセリング≫

東北大学病院   9,600円(約1時間を想定)
延長料無し
     
宮城県立がんセンター   1回につき 11,000円

≪生殖機能温存治療≫

初回費用

精子凍結   60,280円
(内訳)初診料 3,300円 + 凍結料 23,100円 + 保存管理料 34,320円
卵子凍結   55,770円
(内訳)受精卵凍結料(手技料) 27,500円 + 凍結料加算 受精卵1個当たり 2,860円 +
凍結受精卵保存料 年間23,100円 + 凍結状況説明料 2,310円
その他、調節卵巣刺激に掛かる費用が加算されます。
受精卵凍結   誘発や媒精の方法によって異なります。

凍結延長

精子凍結   34,320円(1年)
卵子凍結   33,000円(1年)

宮城県がん患者生殖機能温存治療費助成事業の案内

宮城県在住の患者様で、当ネットワークにおけるカウンセリングを受けられた患者様、並びに妊孕性温存治療を受けられた患者様においては、一定の条件を満たした場合に治療費の助成が受けられる制度があります。 詳しくはこちらを参照下さい。